不用品回収業者に任せてみよう

自分は何もしなくて良い

負担を大きく削減できる

行政に任せた場合は、自分で不用品を回収場所に持って行く手間が掛かります。
小さくて軽い不用品であれば、持って行っても負担には感じないでしょう。
ですが食器棚や冷蔵庫といった、大きな不用品になると持って行くのが大変です。
それが何個もある人は、もっと負担が増えます。
負担を削減するなら、不用品回収業者に依頼しましょう。

トラックで自宅まで来て、自宅からトラックに不用品を運搬する作業もスタッフが担当します。
自分は何もすることがないので、邪魔にならないところで待機していましょう。
無理に手伝おうとすると、邪魔になります。
また、身体を痛める原因になるので無理をしないでください。
スタッフだけでも、すばやく不用品を運搬できます。

どんな種類の不用品なのか

たくさんの不用品を処分するのに、スタッフの数が少ないと運搬作業が遅くなります。
適切な人数に来てもらうためには、不用品の種類を的確に伝えましょう。
どんな不用品を処分するのか、申し込む時に伝えてください。
ただ食器棚、冷蔵庫と伝えるだけでは大きさがわかりません。
縦が何センチで、横が何センチの食器棚と伝えると具体的な大きさがわかります。

業者も、必要なスタッフの人数を把握できるでしょう。
こちらが持っている情報を、全て提供する意識を持ってください。
情報が足りないと、スタッフの人数やトラックの大きさを間違えます。
すると運搬作業に支障が出るので、回収し終わるまで時間が掛かります。
余計な時間が発生しないよう注意しましょう。


TOPへ戻る